2年ぶりの賞与。その少なさに驚いた

お金のこと

今日も35℃超えの酷暑でした
今朝はいつもより30分も寝坊したので
慌ただしくバタバタと急いで準備して家を出ました

会社に着いたらもうすでにヘトヘト
いつもより勤務時間が長く感じた一日でした

10日間のコロナ療養期間で実質7日間会社を休んだので
当然仕事が遅れていたわけで
療養明けで出社した日はどうなることかと
頭をかかえて焦っていましたが

いろいろ手伝ってもらえたおかげもあり
かなり遅れを取り戻せてきました



ところで、コロナ禍でずっと賞与が出ていませんでしたが
2年ぶりに出ていました

出ていました。という過去形ですが
実はすぐには気付かなかったんです

長年ずっと薄給。
残業手当ゼロ。
昇給もずっとゼロ。

だから給与明細なんてほぼ毎月同じもの。
今月はコロナ療養で私だけ明細をあとで手渡しされたし
銀行に行く余裕もなく・・・
そんな訳で、賞与が出てたことに気づかなかったんです。

給与明細が賞与の分と2枚入ってたことに
つい先日、ようやく気付きました

で、その金額に驚いた
4万円。
え?これ賞与っていうの?
寸志の方がしっくりくるけど?

正直、愕然としました
いえいえ、それでもいただけるだけでありがたい。
たとえ整形外科、たった2回分の金額でも・・・

入社時にハローワークで見た求人票には
毎年昇給、賞与:年2回2か月分
そう書いてあったのに・・・

そういえば私よりも後に入った社員の人も
最初に聞いてたより、ずっと給料が低くて驚いたと言ってた

給料の話は社員同士、さすがに詳しくはしないけど
みんな不満は持っているようで
それはひしひしと感じる

賞与が突然無しになった時も
何の説明もなし。そんなのアリ!?

みんな不満はあっても、誰も何も言わないけど・・・
そりゃ、言えないよねえ。。

そんなわけで2年ぶりに出た賞与ですが
嬉しいというより微妙な心境になりました

でもこのご時世で
自分のような大したスキルもないアラカンが
働けているだけでもありがたいこと

無いと思っていた賞与を少しでもいただけたことを
喜ぶべきなんですよね
大切に貯金しておこうと思います

今週は6日間勤務なのでやっと折り返し。
あと3日がんばって働きます

それでは明日も良い日でありますように (^▽^)

応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

タイトルとURLをコピーしました